放課後等デイサービスってなあに?

授業の終了後または学校の休業日に、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進、そのほか必要な支援を行っています。学校教育と相まって障がいを持ったお子様の自立を促進するとともに、放課後の居場所づくりを推進することを目的としています。

ひまわりの特徴〜卒業後も切れ目のない支援で安心〜

茨城県指定の放課後等デイサービス『ひまわり放課後等デイサービス』は、社会福祉法人朋友会が運営しています。片付けなど日常生活の動作が自立できるための支援や、成功体験を得ることを目的にしたクッキング、充実した時間を過ごせるお出かけイベントなど、お子様の発達状況に合わせて独自に開発した多彩なプログラムをとおし、お子様の健やかな成長を支援します。社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士などの国家資格を持つ専任スタッフを中心に、自閉症をはじめとした発達障がいを持つお子様もカバーしています。

運営元である社会福祉法人朋友会は、放課後等デイサービスのほかに、就労支援、ひまわりぱん、生活介護、グループホーム、ショートステイも運営しています。そのため、お子様が卒業後も切れ目のない支援を長期的に提供できることも大きな特徴のひとつです。

このように『ひまわり放課後等デイサービス』では、大切なお子様を安心しておまかせいただける環境を整え、皆様のご利用を心からお待ちしています。

健やかな成長を支援

クッキング

充実した時間

お子様のこのような様子はありませんか?

・勉強が苦手で授業についていけない
・文字を書くとマス目などから大きくはみ出してしまう
・数を数えることや計算ができない
・時計が読めない
・忘れ物をすることが多い
・片づけや整理整頓が苦手
・落ち着きが無い
・コミュニケーションが苦手
・静かにじっとしていることができない
・気にいらないことがあると暴力的になる
・空気を読まずに思ったことをすぐに言葉にしてしまう
・自分に自信が持てない

このような様子がある場合、もしかしたらあなたの大切なお子様は、発達障がいやADHD(注意欠陥多動性障がい)などのハンデをお持ちかもしれません。大切なのは悩みをひとりで抱え込まないことです。まずはお気軽に『ひまわり放課後等デイサービス』までご相談ください。

見学・相談随時受付中

ひまわり航空写真
MENU